使い方のコツ

歯ブラシの交換タイミング

歯ブラシは、1ヶ月ごとの交換を推奨しています。

歯ブラシは使っていくうちに、コシが弱くなって毛先が開いていきます。すると歯に毛先が当たりにくくなり、プラークをしっかり落とせなくなるのです。

また長く使い続けると、毛先には洗い落とすことのできなかった細菌がいっぱいに。衛生の面からも、こまめな交換がおすすめです。

PBT素材だから
1ヶ月後もコシをキープ

出典:(株)オーラルケア調べ

歯ブラシの形状

シンプルで、まっすぐな柄(ハンドル)がおすすめです。

歯ブラシの柄はカーブしているほうがよく磨けそうに感じますが、実はその逆。当てにくい場所が出てきてしまい、特に奥歯や歯の裏側などに磨き残しができてしまいます。シンプルで動かしやすいまっすぐなカタチのほうが、細かいところまでしっかり磨けるのです。

他アイテムとの合わせワザ

毛のかたさを変えたり、磨く角度を工夫しても上手に磨けない!
そんなときは、他のセルフケアグッズと組み合わせて使ってみましょう。

ワンタフトブラシ

日本人の歯は、丸みがあるのが特徴です。
そのため、普通の歯ブラシだけでは磨き残しが多くなりがちに。
そこで、
・親知らず
・歯並びの悪い部分
・矯正装置がついている場所
・ブリッジ
などにはワンタフトブラシを。
キレイにしたいところをピンポイントで簡単に磨けます。

フロス

歯と歯の間や、歯ぐきの奥にひそむプラークはフロスにおまかせ。
大きく分けて「糸巻きタイプ」と「柄付きタイプ」の2種類あるフロス。糸巻きタイプならしっかりプラークが取れるうえに、清潔な糸でケアができます。